理想のお店にするために店舗内装を考える

役所への手続きや店舗で使う備品なども用意する必要があります

スケジュール管理にもし失敗すれば、開店が遅れて信用を落とすことになります。
それに店舗内装も大事ですが、役所への手続きや店舗で使う備品なども用意する必要があります。
その時間を考えると、作業に割ける時間は本当に限られています。
なので、そういったことを一人でこなしていくのは、本当に大変でした。
ネットでモダンな雰囲気の壁紙を見つけて購入し、それを取り寄せて一人で貼り付けるのは苦労をしました。
これまでDIYは家の壊れたところを簡単に修復するくらいしかやったことがないので、空気が入ってやり直すことも1回や2回ではありません。
あまり壁紙の作業で時間の浪費をすると、接着剤が乾く時間がなくなります。
棚の方は曲がらないように、そして落ちてお客様に怪我をさせないように慎重に作るのも一苦労でした。
多少の振動では決して落ちないように頑丈に作りましたから、少し無骨な見た目になってしまいました。
しかし、実際に取り付けてみると意外と良い出来でしたから、それなりの満足感を得られました。
床は大掛かりな工事をすることなく、薄い床材をパズルのように組み合わせて置くだけで自分好みの色にできるという商品を見つけたので、それを使ってみました。
家庭用にタイルカーペットというのがありますが、それと同じような使い方です。
置くだけだとずれることはないのかと心配になりましたが、裏側には滑り止めの素材が使われていますから、上を歩いても動きません。

計画をしっかりと練らなければいけない役所への手続きや店舗で使う備品なども用意する必要があります2色を組みあわせて模様をつくりだしました